ファンデーション

【RMK】クリーミーファンデNの成分や使い方は?乾燥肌の方におすすめ

6種類のファンデを販売しているRMK

種類が多いため自分にあった物を選べるのが特徴

今回はその中で特に人気の「クリーミファンデーション102」を紹介していきたいと思います。

RMKファンデの特徴は?

現在販売されているファンデーションは6種類
ベースメイクの種類がとても豊富

RMKのファンデは『崩れにくく』『ツヤ肌をキープできる』『乾燥しにくい』といった特徴があり、口コミでもかなり人気です。

またナチュラルに仕上がるファンデが多く、男性も愛用している印象が強いです。

薄づきでも自然にカバーすることができるので私もよく使用します。

RMKクリーミファンデーションとは

基本情報

RMK『クリーミーファンデーション』

全7色展開/SPF28 PA++

価格(税込) :3000円

内容量:30g

数あるファンデーションの中で冬の季節に需要が高まるファンデ

ツヤとカバー力が強みなのでコンシーラーがなくともある程度カバーすることができます。

ボトルはガラス製でシンプルで高級感のある見た目

蓋の裏にはスパチュラがついており、
付属品として量が減った時に使用するスパチュラもあります

今までプッシュボトルタイプのファンデを使うことが多かったので、スパチュラに少し抵抗がありましたがすぐ慣れてしまいました。

使ってみての感想

<良かった点>

  • かなり伸びがいい

しっとりとしたテクスチャーですが、かなり伸びがいいので少量で済んでしまいます。逆に多めにとってしますとカバー力が強いので厚塗り感が出てしまいます。

  • 肌に密着する

伸ばした瞬間肌に密着する感じがします。

表情の動きにあわせてフィットするストレッチフィルム効果があるので肌にハリが出ます。

  • 保湿効果もあり

うるおい効果のあるアルガンオイルやシアバターなどの保湿成分も配合しているので、肌がしっとりします

なので冬で感想が気になる方は特におすすめです!

<気になった点>

  • 重めの容器

ボトルがかなり厚めのガラスなので、持ち運ぶのには若干不便です。

ポーチに入れてもかなり場所をとってしまします。

おすすめの使い方は

クリーミーファンデの使い方として

絶対に手で塗るより、ブラシを使うことをおすすめします

伸びがいいものの、カバー力が高いためか手で塗ると若干ムラができてしまいます。(手で塗るのが下手というのもありますが、、、)

しかしブラシを使用するだけで均一に伸ばしてくれます。

リキッドタイプのファンデーションは下地がとても大事です。

重めのファンデなので、下地は軽めを使うと相性がよく綺麗に見えます

そしてファンデを塗った後はパウダーを薄く塗り崩れを防止しましょう!

まとめ

RMKは説明の通りファンデはかなりの種類があるので、どれを買おうか悩んでいる方は一度店舗に行き色々試してみるなり、サンプルを貰うなりしてみるといいですね。

今回紹介した商品もカバー力もあり、スキンケア成分も入っているかなり優秀なファンデでした。

ご視聴ありがとうございました。